牛とは思えぬ快進撃(01/08)

国内株

PVアクセスランキング にほんブログ村

牛は躓くと言われるが如何でしょう

タイトル通り、今年の初めは牛歩ならぬ、小幅での上昇なのかと思いきや、週の後半からはトラ並な快進撃が見られました。投資家にとっては良い事なのですが、どうしてもう見出しに書いた言葉が気になっています。米国の乗員のジョージア州選挙の結果が発表され、民主党が2議席取って、トリプルブルーになった事はバイデン大統領にとって政権運営がし易くなったことは間違いないですが、民主党は党内にも中道と左派の分断が起きているので政権運営はそれほど楽観できるものでは無いと思うので少し浮かれ気味なのではないかと思います。そういう戒めも込めて「牛は躓く」という言葉胸に取引して行きたいと思います。今年は初値がご祝儀相場で上がるのはと思っていたのですが、一時は上昇しましたが、終値では下げて終わっています。コロナの感染が大きく都内で2000人程度の感染者連続で発生している点が大きいと思います。そして火曜日以降は緊急事態宣言の発出で上値が重い状態が続き、結果的には水曜日に27000円割れの状態まで株価が下落しました。その後は最初に書いた通り米国のダウ、NASDAQに引きずられて株価は大きく上昇し、金曜日の終値は30年ぶりに28000円を超えて終わっています。結果的には1週間で1600円の上昇とかなり大きな上昇となったのですが、実態の経済がこれに即しているかと言うと、中々判断は難しくどちらかと言うとバブルかなと言った様相になっています。市中のお金が余っている状況なので、株にお金が流れやすいと言う点も考慮しても3万円が限度ではないかと思います。bitcoinも4万ドルを超えたので、その感覚からはもう少し株価が上がっても良いと言う人も居ますが如何でしょうか?今後は出遅れ株などを少しづつ拾って行けたらと思います。

今年最初の戦い

新株

購入金額 本日価格 含み益
東京精密 3190 5150 1960
JIA 976 1281 305
村田製作所 6284 10070 3786
Vテク 4355 6390 2035
デンソー 5750 6199 449
余剰金 0 6450
35540

旧株

購入金額 本日価格 含み益
GMO 2920 3440 520
スクリン 4800 7950 3150
ルネサス 1596 2296 700
東京海上 5200 5503 303
小林製薬 11350 12360 1010
余剰金 0 2148 0
33697

結果は見た通りで新株の圧勝と言った感じです。このように急激に株価が暴騰するとどうしてもテーマが限定されている株の方が株価の動きは大きいので差がつくのは致し方無いと思います。このまま順調に上がって欲しいのですが、そうも行かないのが株の面白みなので日経平均の3万円を目指しつつ株価は暴騰、暴落を繰り返して行くと思います。今回の値上がりですが、新株の村田製作所(6981)と旧株のGMO(9449)の値上がりが顕著で1週間で7万円と5万円と言った異常とも思えるような含み益増となっています。新株の方は半導体関連が順調で2つで8万円以上の含み増を実現しているので、下落しているのはJIA(7172)のみです。旧株は平均的には上がっているのですが、上がり幅が小さく大きな含み増を作ることは出来ませんでした。また小林製薬(4967)のように大きく下げている株の有るので、このような大差がついてしまいました。このまま、新株有利で進むと思いますが、株価が下がる局面では旧株の粘りが見られると思います。

今日の一押し株

緊急事態宣言が発出したので、巣籠り関連の株が注目されていますが、外食が減ることによる、自炊関連も陽の目を見る株ではないかと思います。そこで、最近精彩を欠いている食品関連株で調べて見ると、長谷園(2899)がかなり株価を落としているので狙い目ではないかと思います。昨年10月には2500円を超えていた株価が8日の終値では2311円と65円上がっての株価となっているので、もう少し上値を狙えそうです。特にこの季節に売れるラーメン鍋などの商品を持っているので狙い目だと思います。上値も今期は増収増益を狙えそうなので2600円から2700円辺りで考えて置くと良いと思います。

注意事項

ここに書かれている内容は私個人の考えに基づくもので、当ブログによって生じた如何なる損害に対しても責任を負いかねます。投資に関しては自己判断でお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました