一進一退は上昇への序曲(10/23)

タイトルに書きましたが一進一退はどちらかに振れる前兆なのでかなり注意をしています。ですが、このように株価が上がらず下がらず状態が一番株の利益を出しやすい所だと思っています。確実に上がりやすい株を選んで行けば少しづつですが利益を出し続けられると思います。それでは勝負ですが、先週からの勢い通り新株が簡単に抜き去って行きました。ただどちらも含み益を増やしているので今の所、順調な感じです。

購入金額 本日価格 含み益
イーガーデン 3200 3325 125
TDK 7500 12310 4810
日本セラミ 2280 2600 320
スクリン 4800 5730 930
ルネサス 1596 1838 242
余剰金 0 2118 0
19376 27921 6427
購入金額 本日価格 含み益
東京精密 3190 3500 310
JIA 976 1379 403
太陽誘電 2861 3870 1009
SOMPO 3993 4011 18
村田製作所 6284 7230 946
Vテク 4355 4705 350
芝浦メカトロ 3025 3185 160
250 250 0
24934 28130

遂に太陽誘電の含み益が10万円を突破しました。同じく村田も10万円に近づいてきましたSOPMOも購入依頼初めて含み益が出るような展開となっています。旧株は日本セラミは戻しましたが、イーガーデンとスクリンが下げているため全体としては含み益が少し増えただけに留まっています。今週は日経平均の終値が23516円と8週続けての23000円なので、そろそろどちらかに振れそうな予感がします。ではまた来週!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です