壁は高すぎるのか?嫌そうではない

2週続けての下落ですが、先週と今週では下落の意味合いが少し違うのかも知れません。その理由は、先週は上がり続けた警戒感からの利確での下落、今週は米中貿易摩擦再燃&香港デモへの暴力的排除への危惧と言った理由で少し風向きが変わって来たのかも知れません。ただ、まだこのまま風向きが変わり続けるのか、持ち直すのかはここ数週間に掛かっているような気がします。取りあえず部分合意でも良いので米中が合意のサインが出来ればそれで、一旦は株価は安定すると思うので、そこに注力して行きたいと思います。香港問題は今週の選挙でも大きく変わるわけでは無いので、変化が無いことを期待しています。アメリカ議会の決議も有るので、習近平も中々強硬手段は取り辛いと思うので膠着状態が続くと思います。それで数周は良いと思います。

少し下がっているので、この画像が一番合っているような気がします。来週は上がって欲しいのですが、難しいかもです。米中の関係がかなり難しい状態になっているため、貿易交渉もあまり期待できないような気がするからです。
この辺で今週の私の成績ですが、思うような結果にはなりませんでした。まずは結果を見てその結果の評価を行いたいと思います。

銘柄 購入金額 今週末 差額
JR東日本 10120 10080 -40
AGC 3360 3930 570
ソニー 6660 6686 26
三菱ケミカ 1676 1642 -34
JT 7176 7449 273
ソフトバンクG 4187 4154 -33
利益残 0 5344 5344
33179 39285 6106

このような結果で日経平均に近いような結果になっています。唯、他の皆さんと違うのは懸念していたソフトバンクGが思うように価格を揚げられていない状況がきついですね。また、田辺製薬を完全子会社化する三菱ケミカルHに対しては世間はNOを突き付けた結果がこのような株価になっています。この子会社化が今だったのかは疑問ですが、三菱ケミカルHにとって生き残る道はここしか無かったのかな思っているので、私的には投資は増えますが、会社の将来を考えると間違いでは無いような気がします。何もしないよりはよっぽど良いと思っています。なので、下落も一過性のものと思っているので少しづつ回復して行くと思います。他に関してはこのような中非常に検討していると思います。

なので、引き続きこの構成で戦って行きたいと考えています。しかしながらソフトバンクGだけはかなり注意深く監視して売り時を間違わないようにして行きたいと考えて行きたいと思います。そのタイミングですが、都市銀行の融資が上手く行かないときはそのタイミングかもと考えています。

ここに記載されている内容は私個人の考えなので、投資を行う際にはご自身の考えにて行うようにlしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です