何とかしたいけど、出来ない

大きく下落した先週末より更に500円近く下落した今週末ですが、明るい情報は全く入って来ない状況です。トランプ政権は膠着する、中国、イランより組みやすいと見た北朝鮮との交渉を優先させていますが、日本にとっては完全非核化が出来ればいいのですが、中途半端な形での交渉終結だけは避けて行きたいところです。

株の話に戻ると、今週は米国が金利の引き下げを断行しそうな状況で有ることが明確し、その結果を株価に盛り込み始めた感じです。思ったよりも経済指標の数値が悪いので金利引き下げは仕方ないのかもですが、日本株への影響が全く分からない状況になって来ました。預金から株へのお金の流れは大きくなると思いますが、米国との金利差で円が高騰することも考えて置かなければ行けません。そうなった場合の株価はどうなるのか専門家の間でも意見が分かれています。

概況はこんなところで、私の株の話をして行きます。日経平均は500円の下落で約2%価格を落としていますが私の株は金額ベースで10万円程度、2.6%の下落です。その理由は関電のわいろ問題の余波でしょうか? 九州電力と結びつきが強い九電工も株価を大幅に下げました。

その他は大体日経平均通りの値動きのように見えます。個々には問題は有りますが直ぐに対策が必要と言う事では無いと考えています。ただし、今後の値動きが読めない状況なので、ディフェンシブな株への買い替えも頭に入れて置かないといけない状況だと思います。この状況から考えられるのは下落方向へのシフトの可能性が高いので警戒が必要です。今週の株価です。

銘柄 購入金額 今週末 差額
ソニー 4723 6215 1492
AGC 3360 3295 -65
昭和電工 3270 2758 -512
九電工 3852 3400 -452
三菱ケミカ 1676 1526 -150
トヨタ 6580 6995 415
利益残 0 12867 12867
23461 37056 13595

ソニーとトヨタがもう天井なのかな?と言った感じですが、買い換える株が見当たらないので少しだらだらと持っている感は有ります。富士フィルムが下がっているので少し狙っています。また京セラも買い替えの対象になっています。本当は今週に買い替えを予定していたのですが、ソフトバンクと大塚Hが大幅に価格下げてしまったので様子見状態ですが、今はソフトバンクは手が出せないですね。安値で良いのですが、WeWork問題がはっきりするまでは。。。大塚Hは今期は黒字のようですし、新薬開発は中々上手く行かい物なので購入には問題ないと思います。この4社を中心に買い替えを検討して行きます。

ここで紹介している内容は私個人の感想なので、実際の取引は個人の裁量にてお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です