静かな上昇は〇〇の前触れか?

米国株の値上がりが評価され、日本株も上昇しましたが、上値は重く円高の影響でこの程度しか上がりませんでした。300円でも上がれば良いのですが、少しづつ上がってドーンと下がるような相場が株式では良く有ります。逆も約成るのですが、今回の場合は特にその傾向が強いように思えます。米国の利下げが9月でほぼ決まりのような感じですが、もうそれさえ、織り込んで株価は動いているようです。逆に利下げしなかった場合の反動が怖いです。また、今回も0.25%ではサプライズにはならず、株価に与える影響は少なくなると思われますが、日本株は逆にドル円相場が更に円高方向に振れる可能性が有るため、どうしても下落傾向に成らざるを得ない状況だと思います。こんな中の今週、来週は株価が動きずらい状況だと思われるので、このような結果もまだいい方だと思って受け入れるしかないと思います。

多少、株価は上がっているのでこの画像にしておきました。こんなに沢山上がってくれればうれしいのですが、中々このような機会は訪れません。

それでは今週の持ち株の状況について説明します。結果から言うと全体的には日経平均と同じような動きをしてはいるのですが、値幅は限られていて、日経平均以下の水準での含み益増と言う感じになってしまっています。

銘柄 購入金額 今週末 差額
ソニー 4723 5903 1180
AGC 3360 2998 -362
昭和電工 3270 2651 -619
九電工 3852 3200 -652
三菱ケミカ 1676 1422 -254
トヨタ 6580 6916 336
利益残 0 12867 12867
23461 35957 12496

平均的に上がっているように見えるのですが、三菱ケミHだけが現状維持では無く多少下落していることが分かります。多分、此処が多少でも上昇になっていたら日経平均並みには上昇することが出来たのではないかと考えています。基本的には日経平均が最低で出来れば、日経平均以上の値上がりを期待しているのでこのような状況は看過できないです。もともと三菱ケミHは株価が低迷している状況なので、何とかしなければいけない状況です

全体の状況は先週に比べて3万円強の含み益増です。これは良いことですが、日経平均が上回っている先々週との比較では1万5000円の含み損となってしまっています。

この状況は何とか打開したいので、材料メーカーではまた同じような結果になりそうなので、内需関連株で同じような価格帯の積水ハウス、味の素への買い替えを検討して行きたいと思います。

今週も宜しくお願いします。目標に向かって頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です