逆イールド発生

タイトル通り今週は逆イールドに振り回された一週間です。米国株が乱高下しその煽りを受けて日本株も下がる言った状況が今週の概況です。では逆イールドとはですが、米国の超短金利が逆転すると逆イールドと呼ばれるそうです。珍しい現象で、今までこの逆イールドが発生するとその後1年から3年以内くらいに景気が減速すると言われています。このため、市場は混乱を極め株が乱高下することになったわけです。しかしながら、週末になって今回の逆イールドは今までのそれとは違い景気が減速することは無いと言う意見まで飛び出して来ました。そのことにより週末の米国株は300ドル近い値上がりとなったわけです。
どちらにせよ経済はより不安定な方向へ推移していることは確実で、この状態をどうとらえて、対応して行くかが今後求められる投資方針だと思います。

先週の概況はそんなところで、私の持ち株状ですが、日経平均が200円以上下落しているので、当然、含み益も同じように減少しています。九電工はそろそろ、売却時期ですかね。日立が下落しているので、買い替えを検討しています。大塚HD、積水ハウス、味の素などが買い替えの候補ですが、流行り内需株を中心に据えて検討して行きたいです。米中問題が一定の結論が出なければ株価の再浮上は厳しいと思うのでその辺を期待して行きたいです。

銘柄 購入金額 今週末 差額
ソニー 4723 5816 1093
AGC 3360 2948 -412
昭和電工 3270 2685 -585
九電工 3852 3100 -752
三菱ケミカ 1676 1440 -236
トヨタ 6580 6790 210
利益残 0 12867 12867
23461 35646 12185

含み益は5万円くらいの現象です。取りあえず、日経平均を21000円まで押し上げて欲しいです。出来れば、21000円~22000円の間で安定して頂けると嬉しいです。

今週はお盆休みを終わり後半戦のスタートだと思いますので、気合を入れて年末に向けて目標の達成を目指します。 宜しくお願いします。

ここに書かれた内容はあくまで私個人の感想で有り、投資を行う方はご自身の考えで行って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です